シュリンク印刷ラベル、プラスチックフィルム、材質について、 シュリンクラベルの大阪プランナー

シュリンクフィルム、ラベル、フレキシブル包材の原料(材質)について ~プラスチック原料~

包装資材の大阪プランナー

大阪プランナーTOP > 材質の種類

シュリンクフィルム・包装資材 材質別の特徴

JIS略語 樹脂名 耐酸性 耐アルカリ性 耐アルコール 耐食用油 特徴 用途
PS ポリスチレン 長時間入れておくと内容物の味が変わる。 柑橘類に含まれるテルペン油や、エゴマ油等の一部の油脂に侵されることがある。 透明度が高いが、有機溶剤や油分に弱い(軟化、溶解する)。またシュリンクの場合自然収縮しやすい。 PETボトル飲料用シュリンクラベル等
PET ポリエチレンテレフタレート 強酸は不可 不可 透明度が高く、油分、薬品に比較的強い。 飲料ボトル、食品容器ラベル、化粧品、雑貨等のシュリンクラベル、袋等
PE ポリエチレン 耐薬品性高く、原料が安価で剛性も高く且つ柔軟性もある為、袋の原料によく使用される。 漂白剤や農薬等の高い耐薬性が必要な製品のボトル用ラベル、炭酸飲料用ストレッチラベル、袋等
PP ポリプロピレン 再加工がしやすい為、様々な用途へリサイクルが可能。分子の構造がは炭素と水素のみからなっており、完全燃焼により二酸化炭素と水しか発生しない、環境にやさしい素材。 ヘッダー・テープ付袋、ペットボトルキャップ、容器等
 
               
 
Copyright © 2008 OsakaPlanner co.,Ltd. All Rights Reserved. トップ  | シュリンク案内 | シュリンク加工  | シュリンク機械 | その他案内 | 会社概要 | 
印刷の種類 | 材質の種類